简体中文English日本語한국어
東京都立大学
都市環境学部 建築学科
都市環境科学研究科 建築学域
東京都立大学公式サイトサイトマップ  
 

構造材料実験室

 

構造材料実験室は主に構造・材料系の研究および演習形式の授業を行う際に使用します。大型の加振機や万能試験機などを多く揃えることで、実大実験も含め実用性の高い力学試験などが可能です。また材料系の研究においても促進劣化を再現するための装置や、動的な荷重を再現可能な試験機などを豊富に揃えることで、様々なアプローチから建築材料の研究を行うことが可能となっています。

 

設備紹介

 

コンピュータ計測制御 全自動万能試験機

使用用途建築材料の引張・圧縮・曲げ試験を行うコンピューター自動制御型装置
型式MR-3A-100B-F2
方式油圧式CIA電気サーボ機構による平ループサーボ制御
性能・寸法最大容量 1000(kN)
ラムストローク 250(mm)
ラム速度 0~80(mm/min)
有効柱間隔 470(mm)
装置寸法 1730×700×800(mm)

小型衝撃試験機

使用用途自由落下による衝撃を制御することで建築部材に動的応力を発生させ、
力学特性を試験する装置
型式SD-10
方式自由落下(電子制御、ブレーキ制御による安全制御)
性能・寸法供試体容量 14(kg)
最小作用時間 0.3(ms)
最大加速度 3500(G)
台寸法 305×635×1321(mm)
装置寸法 305×635×1321(mm)

 

中性化促進試験装置

使用用途炭酸ガス濃度の制御機能を有し、コンクリートなどの
中性化(炭酸化)挙動を試験する装置
型式SD-10MIT-639-1-21-01
方式温湿度左右対流型
JIS A 1153準拠
性能・寸法温度制御範囲 +20~+80(℃)
湿度制御範囲 30~90(%RH)
CO2濃度制御範囲 0~20(%)
槽内寸法 700×900×1220(mm)
装置寸法 1700×1010×1700(mm)

強制練りミキサー 100L

使用用途コンクリートの練混ぜを行う装置
型式KC-215-C
方式撹拌型縦型翼回転方式
JIS A 1138準拠
性能・寸法最大容量 100(L)
羽枚数 3(枚)
回転速度 33(rpm)

供試体端面研磨機

使用用途供試体端面を研磨し、JISに準じた圧縮試験体に仕上げる装置
型式MIC-196-1-30
方式ダイヤモンド砥石による注水研磨方式
JIS A 1132準拠
性能・寸法同時研磨本数 3(本)
研磨速度 約1(mm/min)
研磨仕上げ面 ±0.05以内(mm)
装置寸法 1250×850×600(mm)

圧縮試験機

使用用途建築材料の圧縮・曲げ試験を行う油圧式装置
型式CM100-TK10
方式油圧式
性能・寸法最大容量 1000(kN)
ラムストローク 150(mm)
ラム速度 0~24(mm/min)
有効柱間隔 380(mm)
装置寸法 2200×1200×1730(mm)

塩水噴霧試験装置

使用用途建築部材等に対して塩水を噴霧させることで劣化を促進させ、
耐久性などについて評価する装置
型式MIT-653-3-30
方式エジェクター飛沫噴霧方式
性能・寸法温度制御範囲 +20~+80(℃)
塩分濃度測定範囲 0.00~4.00(%)
槽内寸法 800×540×1050(mm)
装置寸法 1610×700×1760(mm)

 

大型圧縮試験機

使用用途高い試験機剛性から高強度の建築材料に対して
圧縮・曲げ試験を行うコンピューター自動制御型装置
型式CMEⅢ-500
方式電気油圧サーボ式
性能・寸法最大容量 5000(kN)
ラムストローク 150(mm)
ラム速度 0.5~30(mm/min)
有効柱間隔 470(mm)
装置寸法 1730×700×800(mm)

建研式加力装置

使用用途RCや鉄骨部材に対して
アクチュエータの変位や荷重を事前プログラムして行う
コンピューター自動制御型装置
型式BRI-100
方式電気油圧サーボ式
性能・寸法最大水平力 1000(kN)
最大鉛直力 2000(kN)
アクチュエーターストローク(水平変位) ±300(mm)
試験体目安寸法 高さ2.0m×幅1.5m